今治造船株式会社
-RECRUIT SITE-
採用に関するお問い合わせ サイトマップ プライバシーポリシー
Welcome to our SECTION!
今治本社 工作グループ機電装チーム
人員構成を教えて下さい。
基本的には機関を担当する分野と電気を担当する分野に分かれ、 機関担当者5名、電気担当者2名、及び機関関係現業職6名となっています。
主な業務は何ですか?
人体に例えれば脳の指令により各臓器を正常に働かせ又健康を維持できるようにする為の仕事を受け持っています。指令塔が各コントローラー、この指令により正常な働きをするのが各機器になります。 機関部においては船舶を推進する為のプロペラ装置、数万キロワット出力の機関又それらの装置を作動させるために必要な補助機関の据え付け調整から運転及び検査まで全てを行なっています。電気部においては設備された諸機関との電気的連係コントローラー、保護装置の作動試験、安全航行設備(ライフセービング、火災、レーダー、無線装置、他)の作動確認及びテストを行なっています。又これら全ての設備が問題なく使用されることを確認する為2日間をかけて海上での運転確認を行なっています。
機関の据え付けを行っています
チーム内の雰囲気を教えてください。
作業確認の光景です
(スタッフ意見 1)
何といってもチームワークの良さでしょう。仕事の話は勿論のことプライベートな話も遠慮無く行えます。この雰囲気が仕事のノーミス、事故防止に繋がっていくのだと思っています。その為には毎週行われる機電装チームの工程会議やちょっとした会話といった情報交換は欠かせません。チームが朝から笑顔で話をしているのは仲の良さだけでなく仕事においても協力し合えるという重要な意味を持っていると思っています。
(スタッフ意見 2)
私たち機電装チームはうどんの大好きなチーム長を先頭に現場で和気あいあいと仕事をしています。先日もチームの一人が結婚式をしましたがチーム全員で参加し大いに盛り上がりました。

(スタッフ意見 3)
他チームとの交流の場を設け縦の繋がりだけでなく横の繋がりも育て潤沢な職場作りに励んでいます。
仕事のノーミス、無事故防止にはコミュニケーションが欠かせません
メッセージ
今治機電装チームは従来の慣習を打ち破り、職務に対する理論と実技を教え合うことにより、全員がより早く職務をこなせるように努めると共に可能な限り情報を共有するようにしています。就航船に対しては、補償工事を皆無にするよう日々努力をしています。
建造船でのスタッフの注意深い管理、点検、各種試験により、就航船に対しての基本的クレームは殆ど有りませんが、限り無くクレームゼロを目標として今後もスキルアップを目指し頑張っていきますのでご協力、ご指導を引続き宜しくお願いします。
他チームの紹介はこちら!
 
一覧ページへ戻る
先輩社員の声
(C) IMABARI SHIPBUILDING CO.,LTD