今治造船株式会社
-RECRUIT SITE-
採用に関するお問い合わせ サイトマップ プライバシーポリシー
Welcome to our SECTION!
今治本社 設計グループ船体設計チーム
人員構成を教えて下さい。
船体設計チームは船殻係、工作設計係の、大きく2つの係に分かれております。船殻係は男性4名。設計係は本工14名(20代=3名、30代=4名、40 代=2名、50代=5名)の計14名で、これにグループ長と庶務1名を合わせて、総勢20名で日々の業務を行っています。
主な業務は何ですか?
船体設計チームでは、今治本社工場船台・ドック、しまなみ造船、あいえす造船、岩城造船(工作設計係のみ)の船を担当しています。

船殻係
各船台で造る船のキープラン(基本となる図面)、ヤード図(詳細図面)を作成しています。少人数の為外注業者にも協力を頂き、新造船の計画作業から詳細設計、完成作業、更に修繕までを担当します。構造計画から始まり詳細図面に至るまで、強度・振動に気を配りつつ、船体に係る図面の一式を船級協会及び船主殿と打ち合わせしながら作図しています。また、舵関係の図面、及び亜鉛板の配置図も描いています。
“軽くて振動の少ない船づくり”をモットーに、船主・船員に喜ばれる船にしようと日々努力しています。
CADを操り、船の基本を形造っていく。

工作設計係
工作設計係は大きく分けてライン、材料取材、工作図・現図、ネスティングの業務に分けられます。

ライン 船殻係から出図されるライン図から、実物大でも滑らかな流線形が得られるよう船体曲線を細かく描き、その横断面図に内部構造の位置情報を重ねて、ボディプランと呼ばれる図面を作成します。
材料取材 キープラン・ヤード図を基に、ブロック毎に必要となる鋼板・型鋼の数量を規格サイズ別に算出します。
工作図・現図 一般配置図を基に重量、強度、長さ、構造等を考慮し、ブロックの分割位置を決定し、工作グループ゚等実際の組立・搭載を担当するセクションの意見を取り入れながら、建造しやすいようにそれぞれのブロック毎に分割し、船殻係から出るヤード図に、工作順序、組立方法等を加味した部材番号を付け工作図を作成します。現図作業は、実作業時(加工)必要となる帳票の作成やNCデータの作成で、ボディプラン、工作図、部品表を基に、1つ1つの部材の形状(幅、奥行き、高さ、板厚等)を採寸していきます。

ネスティング NCデータ作成時、部材を効率よく鋼板枠内に配置する作業で、鋼板の残材を減らす事を目的としています。
出張に行くことは多いですか?
本船に上がり、微細な振動を計測する。
船殻係の秦です。早いもので入社してから3年が経とうとしています。設計内の出張の頻度は個人差がありますが、僕自身は割と多いほうだと思います。丸亀や西条はもちろんですが、社外に行くこともしばしばあります。配属されて間もないこともあり、勉強のために製鉄所の工場見学や、学会主催の講習会など、様々な所へ行っています。その他にも勤労チームからの依頼によるリクルートの仕事で出身大学や合同説明会等に赴く事も多々あります。いずれは海外での打合せにも出席出来るようになると思います。ただ、あまり英語は得意ではないので、しっかり勉強してマスターしようと思っております。仕事以外でも他の国の人々とのコミュニケーションがきちんとできれば、更に仕事も楽しくできると思いますので。
重大ニュースを教えてください。
2008年8月の組織変更により、船体設計チームに含まれていた基本設計係が独立して基本設計チームとなりました。船体設計チームは船殻係、工作設計係の2つの係でスタートし、新たな気持ちで日々奮闘しています。
新チームで心機一転!
メッセージ
地域密着型企業として取引先の方々を尊重し、相互信頼に基づいて、弊社の基本理念「船主と共に伸びる」、「取引先も共に伸びる」という共存共栄の精神にて、相互理解と信頼関係を構築できればと考えております。

船殻係より
良い船作りを目標に日々努力していますが、改善、改良の箇所も多々あろうかと思われます。色々と違った目で見て頂き、気軽に意見等を頂ければ、大変ありがたく思います。

工作設計係より
これから新船のルール改正、工作法の変更等により工程もタイトになってくると思いますので、さらなる円滑なコミュニケーションに努めていきましょう!

他チームの紹介はこちら!
 
一覧ページへ戻る
先輩社員の声
(C) IMABARI SHIPBUILDING CO.,LTD