今治造船株式会社
-RECRUIT SITE-
採用に関するお問い合わせ サイトマップ プライバシーポリシー
Welcome to our SECTION!
今治本社 品質管理グループ品質管理チーム
人員構成を教えて下さい。
品質管理チームは、船体・機関(電気含む)合わせて7名で、構成されています。
主な業務は何ですか?
品質管理チームの仕事は船を造るときに決められた規則を守って作られているか監視をし、船の検査を専門とする機関とタイアップして完全な船に仕上げることが仕事です。
船は日本の国内だけを航行するものと、世界中を航行する船があります。世界を航行する船を作るときは世界中の船の専門家が集まって決めた規則を満足しなければなりません。これが大変な仕事なんです。人が違えば考え方が違います。苦労・苦労の毎日です。
あ、そうそう。もうひとつ仕事があります。世界の規格ISO9001の見張り番。といっても本当は事務局となって、下働きをしています。会議の準備、規格の改訂への対応、図書の製作・配付。結構忙しいです。
チームで協力して船体の検査をします
前置きはこのくらいにして、具体的な仕事に入ります。
船は、構造・設備について3つの分野(船体部・機関部・電気部)に分かれます。仕事は、これらのものが“設計・計画通りの形状に仕上がっているか。”“機能が計画通り働くか。”“必要な書類が揃っているか。”という事を検査し、合格している事を確認した上で検査の専門家(船級協会検査員)の検査に立会います。造船所から船級協会への意見・問合せの窓口となるのも仕事の一つです。
検査は船の隅々まで対象となります
船は人が乗り込んで生活をしながら物(人)を運んでいます。船はそれらのことが全部出来るよう設備がされています。動く為のエンジン(主機)・プロペラ・舵取機、電気をおこす発電機・エンジン(補機)、水や油を温めるボイラー、水や油を船内の必要な所へ送る多種のポンプ、圧縮空気を作り出す空気圧縮機、出てきたゴミを燃やす焼却炉、真水を作る造水器、生活の為の暖房機、食料貯蔵の為の冷凍冷蔵室、料理を作る調理機器・道具一式、他船や陸上と通信をするための無線機器、そうそう、水や油を貯めておく為の区画(タンク)、海水を入れる区画(タンク)、荷物を積んでおく区画(ホールド)、人が生活する区画(居住区)、道具をいれる区画。
照明もいろんな種類があります。それぞれ意味があって用途に合わせて配置されています。昼夜を問わず周囲に対し合図を送るのも照明装置の仕事です。又、音を使って周囲に合図する方法もあって、そんな機械も付いてます。
これら全部が検査の対象です。どれ一つ欠けても船を走らせることが出来ません。検査って仕事は広範囲にわたり、そして一つ一つが神経の疲れる仕事です。でも、船を安全に走らせるため、毎日全員頑張っています。
チーム内の雰囲気を教えてください。
品質管理チームは直接、物をつくるという部門ではありません。又、個々の受け持つ仕事の専門性が高く、品質管理(検査)という職務の性格上、普段から少し緊張感のある雰囲気です。
また、チーム員はバラエティーに富んでいて、今、話題の「ボート部」の部員もいたりして、個性的なチームであると思います。
新たな取り組みを教えて下さい。
担当範囲が専門的、尚且つ広いので船をいろいろな角度から見ることができます。また必然的に関係部署も多くなり、部内外問わず多くの人と触れ合うことができる点が、他部署では味わえないことと考えています。
ISO9001の事務局も品質管理チームの職掌です
メッセージ
チームは、規則を満足した完璧な船を作る為、検査業務に努めています。重箱の隅を突くような細かいことも言わせていただくのもこの為です。関連する部門と協力し良い船に仕上げたいと考えています。船主様、国内外の関係機関から指摘を受けない様に日々、取り組んでいます。
これからも、チーム員一同、一層の品質管理体制の強化を目指し、スキルアップを図って参ります。
他チームの紹介はこちら!
 
一覧ページへ戻る
先輩社員の声
(C) IMABARI SHIPBUILDING CO.,LTD