今治造船株式会社
-RECRUIT SITE-
採用に関するお問い合わせ サイトマップ プライバシーポリシー
今治タオル、そして造船の街
愛媛県東部に位置する今治市は、古くから伊予国府が置かれ、瀬戸内海の海上交通の要所として栄えました。1602年に武将の藤堂高虎が関が原の功績により領主に着任すると、地名を「今張」から「今治」に改め、市のシンボルでもある今治城を築城しました。 今治城の三重の堀は海水を導入した構造で、日本三大水城の一つとして有名です。現在、今治市は人口約180,000人で愛媛県下第2位(1位は松山市)。沿岸部は造船と海運業を中心とした世界屈指の海事都市として発展し、タオルの生産量は日本1位で「今治タオル」の名で広く知られています。
今治・本社 今造グループの中枢機構
今治造船の歴史はここから始まりました
 

1901年の創業以来、今治造船発祥の地としてグループの中核をなし、数々の歴史がこの地に刻まれてきました。来島海峡大橋もすぐ近くにあり、波穏やかな瀬戸内海が広がっています。工場の敷地面積は約14.5万u、10基のジブクレーンを有し、5万トンクラスの建造ドック1つと近年ではめずらしく船台での建造を行っています。今治工場では、ばら積み運搬船、コンテナ船、カーフェリー、石灰石運搬船など多種多様な船を建造しており、お客様のニーズに柔軟に対応すべく、営業、設計、現場が一体となってより良い船造りに日々励んでいます。

今治本社社員からのおすすめスポット!
タオル美術館 タオルの底力を知ることになります。
間違いなくここにしかない世界です。
 
日本一のタオルの生産地今治市にある「タオル美術館」では、日常的に使用するタオルから(肌触りはやはり抜群!)ここでしか買う事のできないオリジナルタオルまで品揃えは豊富。製造工程も直接間近で見る事ができ、さらに圧巻なのはタオルで作られた動物園、水族館、アートコレクションもあり、タオルの奥深さに必ず驚くはずです。「今治タオル」の名で全国的にブランド展開している中、今治造船においても式典のお土産品として、お客様に高品質なタオルを提供させて頂いており、好評を頂いております。
<基本情報>
■タオル美術館 ICHIHIRO ■愛媛県今治市朝倉上甲2930 ■TEL/0898-56-1515
■営業時間/9:30〜18:00(4/1〜10/31)、9:30〜17:30(11/1〜3/31)(年中無休)
■入館料/大人800円、中高生600円、小学生400円 ■ホームページ/http://www.ichihiro.co.jp/art/
来島海峡大橋 世界初の三連吊橋
お昼休みによく散歩に出かけています
 
海上交通の要衝、穏やかな瀬戸内海の多島美の広がりを望む事ができる来島海峡に建設された世界初の三連吊橋。鮮やかなホワイトと繊細なデザインが来島海峡の風景と見事に調和しています。橋のたもとにある糸山公園には来島海峡展望館、サンライズ糸山があり、来島海峡展望館では来島海峡大橋完成までの歴史を知る事ができ、サンライズ糸山では食事、休憩、また自転車を借りて来島海峡大橋を渡って広島県まで行く事も可能。今治工場からすぐ近くの所にあるので、昼休みに散歩に出かける従業員もいます。
<基本情報>
■糸山公園 ■愛媛県今治市砂場町2-8-1 ■サンライズ糸山/http://www.sunrise-itoyama.jp/
山鳥 焼鳥屋の店舗数全国トップクラス
ご賞味あれ
 

今治のさらなる名物は「焼き鳥」。人口一人当たりの焼き鳥屋の店舗数が全国でもトップクラス。特徴は何と言っても『鉄板焼』と呼ばれる調理法に隠されています。直火ではなく、鉄板の上に材料を載せて、さらにコテ状のもので押さえつけて焼きます。この起源については様々な諸説が広がっていますが、今治市には造船所が多く、余っていた鉄板を用いて、それで鉄板焼きをしていたという説や、早く焼けるからせっかちの人(今治市民)にぴったりだったという説など色々と言われています。今回紹介させて頂いた山鳥は今治市の中でも特に有名な焼き鳥屋さん。味は絶対保障です。

<基本情報>
■山鳥 ■愛媛県今治市末広町1-4-7 ■TEL/0898-23-1125 
■営業時間/17:00〜23:00 オーダーストップ 22:30
■ホームページ/http://sanchou.com/
初詣はここに決めています
 
藤堂高虎によって慶長9年(1604)に築城され、400年の歴史を刻む今治城。天守閣の最上階からは、穏やかな瀬戸内海と無数に広がる瀬戸の島々を眺める事ができます。今治城は全国でも珍しい海岸平城として知られ、外堀は海水が入り込むようになっており、堀には海水魚のチヌやカレイが棲んでいます。また日没後は約100個の照明を用いた暖色系のライトアップにより、日中とは全く違った立体的な表情を楽しむ事ができます。
<基本情報>
■今治城 ■愛媛県今治市通町3-1-3 ■TEL/0898-31-9233
■観覧時間/9:00〜17:00(3月〜11月)、9:00〜16:30(3月〜11月)
■休館日/年末の3日間のみ(定休日なし) ■入館料/大人(高校生以上)400円、子供(小中学生)100円
■ホームページ/http://www.city.imabari.ehime.jp/bunka/sisetu/ima_castle/
他の地域のスポット情報はこちら!
丸亀事業本部編
西条工場編
広島工場編
岩城造船編
しまなみ造船編
新笠戸ドック編
あいえす造船編
東京支社編
 
このページのトップへ
 
Whats IMAZO
(C) IMABARI SHIPBUILDING CO.,LTD