今治造船株式会社
ENGLISH

       
技術開発の取り組み
 
最先端の技術開発は、安全・安心・環境のために。
現代における船舶開発は、お客様の望む船舶を具現化するのはもちろんの事、環境への負荷が少ない低燃費の船舶である事、そして、船を造る作業者に対して安心を与える船舶である事が求められています。
今治造船の技術集団はこれらの命題をクリアすべく、日々最先端の船舶技術に取り組んでいます。
 
 
エアロ・シタデル 〜省エネ+海賊対策を実現する上部構造〜
「エアロ・シタデル」は、上部構造を居住区、機関部ケーシング、ファンネルを一体化したスリムな流線形状とすることにより、航行時の風圧抵抗25〜30%削減(風洞実験結果による)を達成致しました。これにより、18万トンバラ積貨物船の場合、燃料消費量を約2%削減することが可能となります。(※)

また、居住区内や機関室内の照明に新型舶用LEDを採用することで、照明用電力消費量の50%低減を実現します。上部構造の形状により、投錨停泊中には風上に船首を向けやすく、正面からの風圧抵抗が少ない為に、安全面において従来型よりも走錨の危険性が低くなります。

また海賊対策として、暴露部階段などを上部構造内部に収めることに加え、下層デッキ入口の鋼製扉の強化や窓の防弾化を施し、更に放水装置との組合せにて、船内への海賊の侵入を防ぎます。併せて、船員の更なる安全確保の観点から避難場所を配置し、全船員が数日間立てこもれる設備、二重セキュリティードア、エンジンの停止や操舵機の操作機能、本船データや映像・音声の収集機能、また、船内電源喪失時にも使える通信手段を装備します。

そして、防音・防振性を強化したSOLAS条項MLC2006の強制要件の先取り設計を行い、船員居住性を高める一方、操舵室は後方にも広い視界を確保し、操船上の安全に配慮しています。

今治造船は近年、社会的関心の強い省エネや環境問題に配慮しながら、徹底した海賊被害の防止、船員に対する安全性・居住性の向上を目的とした次世代の上部構造「エアロ・シタデル」を、可能な船種・船型に提案します。

(※)常用出力航行時、正面より約9m/Sec.(ビューフォート5相当)の風を受けた状態での計算。
エアロ・シタデルの外観/External View WHEEL HOUSE
エアロ・シタデルの外観 WHEEL HOUSE
 
SALOON(Off’S SMOKING ROOM) OFF’S MESS ROOM
SALOON(OFF’S SMOKING ROOM) OFF’S MESS ROOM
 
CAPTAIN DAY ROOM CAPTAIN BED ROOM
CAPTAIN DAY ROOM CAPTAIN BED ROOM
 
 
NSafe®-Hull(エヌセーフ ハル)〜衝突時の損傷を最小限に〜
新日鐵住金株式会社が開発した、衝突安全性に優れた高延性造船用鋼板「NSafe®-Hull(エヌセーフ ハル)」が、 今治造船、独立行政法人海上技術安全研究所との実用化に向けた共同研究を経て、世界で初めて株式会社商船三井の船舶(ばら積み船)に採用され、2014年8月に進水いたしました。「NSafe®-Hull」は鋼板の延びに優れている為、船舶に適用した場合、船舶の側面から衝突された際に穴が開くまでの衝撃吸収エネルギーが約3倍となります。

これにより、従来の鋼材に比べて船体に穴が開きにくくなり、浸水防止や貨物保護、深刻な環境汚染につながる油流出の防止も担っています。 「NSafe®-Hull」は鋼板の延び性と船舶の衝突安全性に関する3社での共同研究の結果、世界で初めて実現した製品になります。
船舶の側面衝突(概念図) NSafe®-Hull採用部位(赤色部分)
船舶の側面衝突(概念図) NSafe®-Hull採用部位(赤色部分)
 
SCR脱硝システム 〜より地球に優しい船を目指して〜
船舶からの窒素酸化物(NOx)排出量について、国際海事機関(IMO)の3次規制では、2016年から排出指定海域(ECA)を航行する場合は、 現在の1次規制より80%削減が適用されます。

わが国ではこの規制に対応するため、国土交通省が2007年度から環境エンジン開発プロジェクトを実施。 その一環として日本舶用工業会が日本財団の助成を得て、2007年5月から「スーパークリーンマリンディーゼル」の研究開発に取り組んでいます。
当社もこのプロジェクトに参画し、2010年に完成した95,000載貨重量トンばら積み運搬船のM.V.「MARITIME CENTURY」("IS" NEXTER)に、
ヤンマーが担当する小型高速補機関のSCR脱硝システムを搭載しました。

同船搭載のSCR脱硝システムは、海上公試運転で良好な動作結果が確認されており、今後も地球に負荷の少ない 船舶に対する大きな期待が広がっています。
本船に搭載したSCRシステム
本船に搭載したSCRシステム
脱硝装置(SCR)の原理 SCRの概略図

脱硝装置(SCR)の原理

SCRの概略図
 
IBSS(アイビス) 〜運行中の船舶情報をタイムリーにキャッチ〜
IBSSは昨今の海技技術者の不足に対して、タイムリーな船舶データの入手によって効率的な船舶管理を目的として開発されました。

新船陸間通信システムは、本船乗組員の手をわずらわすことなく、各船の運航・航海・荷役情報を取得する事が出来ます。 取得した船舶毎の航海・機関情報はWEBページ上に表示され、蓄積されたデータは何時でも閲覧することが可能で、24時間365日、船舶の保守や運航管理にご活用頂けます。
新船陸間通信システム概念図
 
RFIDゲートシステム 〜作業員の徹底した安全管理のために〜
日本郵船株式会社のグループ会社である株式会社MTIと当社は、RFID(無線自動認識)技術を適用した造船所向け乗下船ゲートを共同開発し、 当社丸亀工場および西条工場にて運用されています。
本乗下船ゲートは、従来の建設工事現場用ゲートを基として、沿岸地域に位置し広大な敷地を有する造船所特有の要件を加味し、建造中の作業員の乗船人数、所在把握が容易に行えるような安全管理を目的として開発。
ゲートの特徴としては、作業員のヘルメットに内蔵(装着)したICタグを、開閉装置なしのゲートにて読み取る事により、通過する作業者のハンズフリーを実現し、 工具・機材を携行したままの状態で通過することが可能で、 通過する際の方向は赤外線センサーによって自動認識します。
また、各ゲートの通信回線が無線LANで構成されているため、 電源接続のみで建造工程、船種に応じての設置位置の移動が容易に行えます。
今後は、安全確保の観点から艤装船への乗下船のみならず特定の地域・エリアへの入退場の詳細を管理する事で、作業者のリアルタイムな位置把握を可能とし、また、ゲートにて収集されるデータは人事労務データとリンクが可能である事から、作業エリア毎に請負会社別の作業員単位での就労時間集計・就労管理にも活用が図られています。
ヘルメットにはICタグを内蔵 造船所向け乗下船ゲート
ヘルメットにはICタグを内蔵 造船所向け乗下船ゲート
今造の実績
技術開発の取り組み
ばら積み運搬船
コンテナ運搬船
タンカー
チップ運搬船
特殊貨物船
カーフェリー
自動車運搬船
(C) IMABARI SHIPBUILDING CO.,LTD



















会社情報 今造の船 社会貢献活動 採用情報