今治造船株式会社
ENGLISH

       
ニュース
 
 
石井国土交通大臣 当社丸亀事業本部を視察
2016年09月21日
石井啓一・国土交通大臣が9月13日、香川県丸亀市昭和町の当社丸亀事業本部で、最新の造船技術などを視察されました。
石井大臣は今回、国土交通省の羽尾一郎・海事局長や瀬部充一・四国運輸局長、浜田恵造・香川県知事らと
丸亀事業本部を来訪されました。

石井大臣は午後2時過ぎ、丸亀事業本部に到着。役員会議室で会社の概要や建設中の船型開発用試験水槽などについて説明を受けた後
今治造船グループの頭脳ともいえる設計本部を訪れ、3D設計や塗装3D―VRシミュレーターのビデオをパソコンで説明を受けられました。
この後、檜垣和幸・代表取締役専務の説明を聞きながら、組立第一工場と第二工場で人工知能を搭載した平板部材用溶接ロボットや
立体ブロック用溶接ロボットを視察し、建造中の船を見学されました。

続いて、メガコンテナ船など大型船の建造に向けて建設が進む3号ドックに移動し、高さ93メートル、国内最大の吊り能力を持つ
1330tゴライアスクレーン1号機の最上部に上り、5300人が働く丸亀・多度津地区の今治造船グループ関連工場群の操業や
雇用状況についての説明に大きくうなずかれていました。

視察の最後に、石井大臣は第3ドック西端から建設中の大型ドックの全景をご覧になり、テレビ局のインタビューに、
「国土交通省は今年、生産性革命元年と銘打ち、その一つとして船舶の設計、建造、運搬全般にわたって生産性を上げる
i-Shipping(アイシッピング)に取り組んでいます。本日、実際に今治造船丸亀事業本部を見せて頂き、
アイシッピングの先端を走っていると実感しました」と話されました。
高さ93mの1330tゴライアスクレーン上で檜垣和幸専務(前列右)から説明を受ける 石井大臣(中央)
 
建造船の操舵室で説明を受ける石井国土交通大臣(左から3人目)
 
浜田香川県知事や当社役員らと記念写真に納まる石井大臣(前列中央)=第一工場で
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
(C) IMABARI SHIPBUILDING CO.,LTD



















会社情報 今造の船 社会貢献活動 採用情報