今治造船株式会社
ENGLISH

       
ニュース
 
 
「丸亀お城まつり」総踊りに社員ら83人「いまぞう丸」の山車も
2016年05月09日
香川県丸亀市の初夏を彩る「第67回丸亀お城まつり」が、ゴールデンウイーク後半の5月3、4日、
日本一小さい木造天守と美しい石垣で知られる国の史跡・丸亀城とその周辺で開かれました。まつりを締めくくる
4日の「丸亀おどり総おどり大会」には、当社丸亀事業本部の社員らで編成した〈いまぞう連〉も参加。大勢の市民らが詰めかけた
内堀沿いの県道から市民ひろば周辺を周回するコースで約2時間、にぎやかに踊り続けました。

今年は手作りの山車「いまぞう丸」も登場。その先導で、社員や家族、協力会社従業員ら約83人はそろいの黒い法被姿で
「丸亀おどり」のメロディーに合わせて練り歩きました。「いまぞう丸」には、「IMAZO」の文字が躍る赤いTシャツを着た社員の子どもたちが
乗り込み、沿道の人たちに手を振るなどして愛嬌を振りまいていました。途中の休憩時間には、
丸亀名物の鶏のもも肉をスパイシーに焼いた「骨付き鳥」をイメージした地元のゆるキャラ「骨付じゅうじゅう」も特別乗船し、
「いまぞう丸」の“船上”で子どもたちと交流する光景も見られました。

今回は、市民らに今治造船への親近感を持ってもらおうと、「骨付じゅうじゅう」と「いまぞう君」「バリィさん」が
コラボした特製のうちわ500本を作り、見物の皆さんに配布したところ、親しみやすいデザインが人気を集めていました。
大手門前の通りで踊る「いまぞう連」の皆さん
 
丸亀城をバックに「いまぞう丸」の山車に続いて賑やかに踊る社員や家族、協力会社の皆さん
 
参加者全員での記念写真
 

2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
(C) IMABARI SHIPBUILDING CO.,LTD




















会社情報 今造の船 社会貢献活動 採用情報