今治造船株式会社
ENGLISH

 
           
ニュース
 
 
当社ボート部初の国際大会「第16回アジアボート選手権」で、堂々の7位
2015年10月05日
9/24〜9/28に中国北京市・順義オリンピック水上公園にて行われた第16回アジアボート選手権大会に於いて、 今治造船ボート部は、井出(今治品質管理チーム所属)・別府(今治船渠運輸重機チーム所属)の両選手が日本代表として、 軽量級男子ダブルスカル種目に出場しました。

25日の予選は、前日までスモッグに覆われた空が夜に降った雨のお陰で一転、 澄み切った青い空の下で試合を行う事となりました。
予選の結果は、出場した組合せ中1着、全体では3位の好タイムを叩きだし 初の国際大会と感じさせない勢いで準決勝へ駒を進めました。

26日に行われた準決勝では、強豪国との組合せに当たり、惜しくも6艇中5着。7位〜12位を決める順位決定戦(Bファイナル)に出場する事となりました。また、今治造船本社工場と大連今岡工場から応援団が現地に駆け付け、日本代表の選手たちに盛大なエールを送りました。

28日に行われたBファイナルでは、同じ組のマレーシア、台湾、ベトナム、タイ、UAEと順位を争い、スタートから混戦の中、中盤でトップに立つ展開となりました。 その後、ゴール直前に台湾代表の激しい追い上げに苦しめられたものの、最後までトップを譲ることなく僅か0.31秒差という激戦を制して、今治造船ボート部は国際大会初出場で、アジア7番目の成績を収めました。

その他の日本代表の成績は、男子エイトが3位で銅メダルを獲得したほか、軽量級女子ダブスルカル4位、軽量級男子シングルスカル4位の結果となりました。

井出・別府両選手は、帰国後 「ボート部創部後、初めての国際大会に日本代表として出場し、初の日の丸を背負っての大会だったので、どのような結果になるのか不安でした。しかし、現地での皆様方の温かい応援のおかげで、この創部10年目の節目の年に私たちの今の持てる力を全て出し切ったレースをする事が出来ました。今後はこの経験を生かし、さらに練習を重ね、精進していきたいと思います」と語っていました。

軽量級男子ダブルスカルの最終順位は下記の通りです。

<第16回アジアボート選手権 軽量級男子ダブルスカル種目 最終順位>
1位 中国 7位 日本(井出・別府)
2位 インド 8位 台湾
3位 インドネシア 9位 タイ
4位 ウズベキスタン 10位 ベトナム
5位 韓国 11位 マレーシア
6位 カザフスタン 12位 UAE
    13位 モルディブ
※出場15カ国中、2カ国は棄権。
日本代表のユニフォームを着てレースに臨む2人
 
今治造船社員から寄せ書きの入った日の丸の旗″を受け取った2人
 
スタンドから選手にエールを送る応援団
 
予選を争う日本代表(井出・別府組、写真手前)1
 
予選を争う日本代表(井出・別府組、写真手前)2
 
他国を制し、予選をトップで通過した事を報じる電光掲示板(JPNが井出・別府組)
 
社内外より駆け付けた応援団と
 
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
(C) IMABARI SHIPBUILDING CO.,LTD



















会社情報   今造の船   社会貢献活動   採用情報