今治造船株式会社
ENGLISH

       
ニュース
 
 
今治造船グループ初のLNG運搬船が竣工しました
2008年03月31日
本日、当社グループの幸陽船渠株式会社(広島県三原市)において、当社グループが建造する最初の記念すべきLNG運搬船(液化天然ガス運搬船)、建造番号 S-2258「TRINITY ARROW」が、船主に引き渡され、関係者に見送られる中、処女航海へと出航いたしました。

本船は、昨年11月30日、盛大に命名式が執り行われました。その後の艤装工事も順調に終え、船内各部の機器の最終性能確認を行うために、海上公試運転、ガス・ハンドリング・テスト等、数多くの試験が実施され、当初の計画数値、性能試験において立派な成績を収め、本日の竣工を迎えました。

本船は、日本で建造されたLNG運搬船では最大級の、154,982m3のタンク容量を持つものの、世界の主要LNGターミナルに入港可能な汎用性の高い船型となっています。

「TRINITY ARROW」が関係者の期待通りの活躍をし、素晴らしい宝船になることを確信しています。
「TRINITY ARROW」の末永い航海の安全をお祈りいたします。
S-2258 TRINITY ARROW
S-2258 TRINITY ARROW
カーゴタンク内部
カーゴタンク内部
TRINITY ARROW のデッキパイプライン
TRINITY ARROW のデッキパイプライン
<TRINITY ARROW 主要目>

全長

289.9 m

型幅

44.7 m

型深さ

26.0 m

総トン数

101,080 GT

載荷重量

79,556 mt

貨物タンク容積

154,982 m3

カーゴコンティメントシステム

GTT MARKV メンブレン方式

主機関 (スティームタービン)

MCR 29,420 kW ×81.0 rpm

 

2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
(C) IMABARI SHIPBUILDING CO.,LTD



















会社情報 今造の船 社会貢献活動 採用情報