今治造船株式会社
ENGLISH

       
コンプライアンス
 
 
基本理念・行動指針
基本理念 - 船主とともに伸びる -
物づくりの根底にある「お客様に役立つ良い船を、必要とされる時に提供することで社会に貢献する」という考えであり、1901年の創業以来、今治造船及び今治造船グループが貫いてきた基本理念です。
今後とも私たち今治造船グループは、IMAZO基本理念のもと、良き企業市民として、安全で最高の品質・最高の性能を目指した船舶とサービスをご提供し、世界の物流発展に貢献してまいります。
行動指針
今日、広く社会から信頼される企業であり続けるためには、企業としての社会的責任を果たすことが重要です。社会的責任の中でも、その基本となるのは私たち一人ひとりが法令を遵守することはもちろん、企業倫理に従った事業活動を行うことです。今治造船グループ行動指針は、実際の日常業務・社会生活で、私たちが企業人として遵法精神と企業倫理にそって具体的に行動する際の判断の拠り所を示したものです。
 
 
私たちと今治造船グループ
(1)明るい働き甲斐のある職場づくり

@ 今治造船グループは、労働関係法令およびその精神を遵守し、今治造船グループで働く人の能力開発を支援します。

A 今治造船グループは、「従業員の生活向上は会社の繁栄があって初めて実現するものであり、会社の繁栄を労使の共通の目的として価値観を共有する」という基本精神のもと、雇用の安定と労働条件の維持向上を実現するため、業績向上に努め、安全で働きやすい快適な職場環境づくりに取り組みます。

B 今治造船グループは、IMAZO理念に共感し、成長しようとし続ける人に能力発揮のチャンスを与え、そのチャンスを活かし成果をあげた人には成果に応じて厚く報いていくという「機会の平等」「結果の公平」を追求していきます。

C 今治造船グループは、今治造船グループで働く人の価値観、人格、個性を尊重する人間尊重の考えに立ち、不当な差別を一切行わず、見過ごしません。

D 今治造船グループは、セクシャルハラスメントやパワーハラスメントにより、職場の仲間が不快感を受けたり、職場環境が悪化することがないよう、その予防に努めます。

E 私たちは、職場環境がいつも安全・清潔であるよう、全員が自主的に取り組みます。

F 私たちは、業績向上のため、自らの能力を最大限に発揮して最善の努力を行うとともに、業務に関連する知識、技能、技術の研鑽に努めます。


(1)法令遵守

@ 今治造船グループは、事業活動に適用される国内外の法令、条例、商習慣、政府通達、運用基準、業界基準を遵守して行動します。

A 今治造船グループは、高い倫理観と道徳意識もって、真面目に真心がこもった事業活動を行います。

B 今治造船グループは、海外の事業においても、国際ルールや現地の法律の遵守はもとより、現地の文化や習慣、宗教に十分配慮した事業活動を行います。

C 私たちは、職務遂行の全ての場面において、法令・社会規範・社内規則を遵守します。

D 私たちは、就業規則などの社内ルールを守って行動します。稟議や決済など一定の手続きが要求されるときは、必ず社内の正式なルールに従って行動します。

E 私たちは、会社の機密情報、財産的情報を厳密に管理し、情報セキュリティーを厳守します。

F 私たちは、事業活動で知りえた個人情報や取引先の秘密情報を、細心の注意を持って取り扱い、それらの情報を関係者の承諾を得ずに第三者に開示したり、目的外に使用しません。

G 私たちは、会社の有形、無形の財産を適切に管理し、会社に損害を与えないよう行動します。また、会社所有の設備や機器などを、業務とは関係ない個人で利用するようなことはしません。

H 私たちは、会社の業務と関係のない目的でインターネットや電子メールを利用したり、会社の情報が漏洩することがないよう厳正に管理します。電子メールアドレスやネットワークシステムなどは全て会社の資産であり、私的な目的で使用しません。

(2)船主様との信頼

@ 今治造船グループは、省エネルギー、省資源、環境保全など地球に優しい技術・船舶の開発を行い、世界で最も魅力ある船をタイムリーに船主様にご提供します。

A 私たちは、直接生産や品質管理にかかわる部門だけでなく、会社全体で品質を追求し、品質の確保・向上に努めます。

B 私たちは、船主様からのご意見、ご要望などを素早く事業活動に反映させるため、船主様の声はデーターベースに整理集約し、業務改善に役立てます。

(3)購買活動

@ 今治造船グループは、取引先と密接なコミュニケーションに努め、良きパートナーシップを築き、相互理解と相互信頼関係に基づく相互繁栄を図ることができる取引関係の確立を目指します。
・ 全ての取引先に公平に対応し、特定の取引先を有利に、不利に扱いません。
・ 取引先との公正な取引関係を尊重し、正常な商習慣に照らして不当な行為により、取引先に不利益を課しません。
・ 取引において知りえた取引先の営業秘密は厳正に管理し、機密の保持に努めます。

A 今治造船グループは、取引を希望される取引先に対し、企業規模、取引実績の有無を問わず、オープンで公正かつ公平な参入機会を提供し、その選定にあたっては、品質、原価、技術、納期の能力に加え、継続的な改善に取り組む経営姿勢など総合的な強みを勘案します。

B 私たちは、上記方針を念頭において、法令を遵守して誠実・公正な調達活動を実施します。
・ 取引先に対し発注側という立場を利用しての不当な取引の強要、発注業務に関して個人的な利益の追求は行いません。
・ 取引先との関係で社会的儀礼の範囲を超えた接待・贈答は受けません。行いません。

 
私たちと社会
(1)広報

@ 今治造船グループは、社会に対して適時、適切に公正なメッセージを発信し、企業イメージの向上を図ります。また、社会からの批判・要望にも耳を傾け、事業活動に反映するよう心がけます。

A 私たちは、オープンで公正なコミュニケーションを通じて、社会との健全な関係を築き、全ての人から愛される企業を目指します。

(2)官公庁との関係

@ 今治造船グループは、政治・行政に対し、社会から疑惑や不信を招くことがないよう透明で公正な関係づくりに努めるとともに、国内はもちろん海外でも法令に従い適切な行動をとります。

A 私たちは、政治・行政との健全かつ透明な関係を維持します。

(3)環境保全

@ 今治造船グループは、環境に対する負荷軽減に努めるとともに、地球環境の保全に貢献できる船舶、サービスを提供し、地球環境に優しい企業を目指します。

A 私たちは、資源の有効な活用と節約、廃棄物の分別、適正処理、リサイクルなど環境保全に向けた活動を積極的に推進します。

(4)社会貢献

@ 今治造船グループは、事業活動を行っている全ての地域において、それぞれの地域が抱える社会的課題に目を向け、その地域のニーズに応じて、その解決に努めます。

A 私たちは、地域社会との交流を深め、ボランティア活動への積極的な参加など社会貢献活動に努めます。
 
コンプライアンス推進体制
(1)今治造船グループ方針管理室

コンプライアンス(法令・企業倫理遵守)の徹底やコンプライアンスに反する事案への的確な対応、再発防止に向けた取組みなど、今治造船グループにおけるコンプライアンスにかかわる取組みを円滑かつ効果的に推進することを目的としています。

(2)取組み事項

1.コンプライアンス意識の浸透
2.行動指針の改廃
3.コンプライアンスの活動計画の立案、推進
4.コンプライアンスに反する事案への対応策の審議
5.コンプライアンスにかかわる相談事項の対応策の審議
会社情報
会社概要
社長あいさつ
会社沿革
系列事業
役員一覧
組織図
コンプライアンス
社内報あいえすで見る今造
ニュース
(C) IMABARI SHIPBUILDING CO.,LTD



















会社情報 今造の船 社会貢献活動 採用情報